[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

鴻池運輸、医療品・検体輸送トレーサビリティ構築

2018年7月11日 (水)

ロジスティクス鴻池運輸は11日、トッパン・フォームズ、アカサカテック(横浜市金沢区)と共同で、医薬品の適正流通基準「Good Distribution Practice」(GDP)に対応した、医薬品・高度医療品・検体などの輸送向けトレーサビリティシステムを構築したと発表した。

鴻池運輸はこれまでも、医療品物流や定温物流で培ったノウハウとトッパンフォームズの持つ特殊技術を組み合わせ、医薬品を含む高度医療品・検体などの輸送サービスを国内で提供してきたが、今回はさらに、アカサカテックの「運行支援システム」に、トッパンフォームズの温度ロガー「オントレイシス タグ」の情報をリンクさせることにより、車両単位だけでなく車両に積載した輸送容器単位の位置・温度情報を、IoTクラウド技術を用いてリアルタイムに把握するほか、納品時の「温度証明記録書発行」機能を新たに導入した。

物流会社の視点で開発した、安全・安心な車両の運行とトレーサビリティ機能をより強化させたシステムで、日本国内だけでなく海外-国内間での高付加価値な医薬品を含む高度医療品・検体などの輸送を可能にする。

現品単位でリアルタイム位置管理が可能なほか、温度異常時にはリアルタイムで警告、海外-国内を一貫して温度トレーサビリティ、運行許可ルート、バーチャル添乗指導、納品先での注意事項などの表示や、納品先で温度証明記録書の発行(印刷)を可能としている。