[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ミニクラの知見活かした「レンタル物流」機能提供

寺田倉庫、シェアサービス向け物流基盤を構築

2018年8月23日 (木)
空白

サービス・商品寺田倉庫は23日、多くのアプリ運営事業者に「MINIKURA」(ミニクラ)のサービス名でレンタル収納などの中核となる機能を提供してきた取り組みを強化し、レンタルサービス、EC、CtoCなど「あらゆる事業を主に物流面からサポートするプラットフォーム」を構築した、と発表した。

シェアリングサービスが数多く誕生してマーケットへの期待も高まっていることを受け、スモールビジネスから大企業の新規事業まで規模を問わず、個品管理から入出庫、保管といった必要な機能をスムーズに導入できるサービス基盤を整備したもので、「MINIKURA+」(ミニクラプラス)のサービス名で提供する。

これまでファッションレンタルサービスの「エアクローゼット」やAOKI(アオキ)の「suitsbox」(スーツボックス)など、20社30サービスの立ち上げに携わることで培ってきたミニクラのノウハウを活かす。

具体的には、ミニクラの独自機能として提供してきた「個品の状態管理」(ユニーク管理)を標準実装するほか、「レンタル依頼、戻りの検品状況、クリーニング、再保管」までWEB上ですべて完結。入庫時のバーコード貼り付けが不要で保管費用がかからず、配送時のシュリンク包装などを含めた物流を容易に導入できるようにする。

同社は今後、ミニクラプラスによって多くのシェアリングサービスのサポートを目指すとともに、買い取りやCtoCなどの二次流通市場へと機能拡大を図る。また、新規顧客を増やしたい倉庫事業者へミニクラプラスのシステムを提供し、物流面も強化する。

■「minikura+」の詳細
https://minikura-plus.com/