ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

北陸物流戦略チーム、大規模災害想定し物流検討会

2018年12月4日 (火)

▲太平洋側代替え機能イメージ(画像の出所:北陸地方整備局、北陸信越運輸局)

ロジスティクス北陸地域国際物流戦略チームは5日、産業が集中する太平洋側で大規模災害が発生した際に物流機能を維持するため、北陸地域の港湾が果たすべき役割や物流関係者などによる代替輸送を円滑に行う方策を検討する「広域バックアップ専門部会」を開催する。

今回は、「太平洋側大規模災害時における北陸地域港湾による代替輸送基本行動計画」のフォローアップや代替輸送訓練の実施等について議論する。

広域バックアップ専門部会は、産業が集中する太平洋側で大規模災害が発生した際に、我が国の物流機能の維持に対応するため、北陸地域の港湾が果たすべき役割や方策を検討することを目的として、防災・物流・経済関係の有識者、物流関係者、関係行政機関から構成されている組織で、北陸地域国際物流戦略チーム内に2012年12月に設置した。