ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

アスクルがコピー用紙自動配送、残量検知し自動発注

2019年1月28日 (月)

ECアスクルは28日、コピー用紙の残量をIoT機器「スマートマット」で検知し、自動で発注・配送する「コピー用紙自動配送サービス」を2月下旬に開始する、と発表した。

スマートマットは、スマートショッピング(東京都品川区)が提供するIoTデバイスで、電池とWi-Fiで動作するため、置き場所も選ばず重量センサーを搭載した機器の上に物を置くだけで、常時残量・残数を自動計測する仕組み。

同社は2018年2月にコピー用紙の定期配送サービスを開始し、「発注の手間を削減したい」「買い忘れを防止したい」といった顧客ニーズに対応しているが、利用者の多くは用紙の利用量にバラツキがあるため、定期配送では用紙が余ってしまうという課題が残った。

そこで、スマートマットによって「適正在庫」を維持し、「なくなるタイミングで注文したい」というニーズにも対応できるようにすることで、定期配送サービスの利用に至らなかった顧客の利用も見込む。注文数量は顧客が任意に設定できる。

顧客側がスマートマットを購入する必要はなく、初期費用も不要。月額300円(税別)の利用料金を支払うことで利用できる。同社では「人手不足の解消、注文の手間削減や買い忘れ防止を実現すると同時に、コピー用紙も通常価格から値引きした特別価格となるため、経費削減にも貢献する」としている。

■コピー用紙の定期配送サービスの詳細
https://www.askul.co.jp/f/special/smart_mat/

■「コピー用紙自動配送サービス」の対象商品(2019年2月時点)
海外製高白色コピー用紙「スーパーホワイト+」、海外製自然色コピー用紙「スーパーエコノミー+」、国産高白色コピー用紙「スーパーホワイトJ」、国産自然色コピー用紙「スーパーエコノミーJ」