[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

明治が4月から市乳商品値上げ、仕入・物流費上昇で

2019年2月4日 (月)

ロジスティクス明治は4日、牛乳やヨーグルトなどの市乳部門商品の価格を4月1日出荷分から最大4.7%値上げすると発表した。

同社は生乳生産量の維持・拡大に向け、4月1日から全国の指定生乳生産者団体と生乳取引価格を引き上げることで合意していることに加え、人手不足に伴う人件費や物流費、海外乳原料や果肉、包材などの原材料価格の上昇が続くとみて、値上げを決めた。

対象は牛乳、ヨーグルト、乳飲料などの市乳部門商品111品で、牛乳はメーカー出荷価格1.5-3.5%、宅配専用商品は同2.7-4.6%、その他飲料・クリームはメーカー希望小売価格1.4-4.5%、ヨーグルトは同2.3-4.7%上げ幅となる。