[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

国交省、船舶のGHG排出ゼロへ8/2公開検討

2019年7月26日 (金)

イベント国土交通省は8月2日、国際海運ゼロエミッションプロジェクトの会合をオープンセッション形式で開催し、「未来の船舶に使用される省エネ・脱炭素化技術の方向性」について議論する。

2018年4月に国際海事機関(IMO)が「国際海運分野からの温室効果ガス(GHG)排出を50年までに半減、今世紀中早期にゼロ」とする目標を採択したことを受け、世界有数の海運・造船国として国際的な取り組みをリードするため、産官学連携の取り組みとして同プロジェクトを設置。GHG排出削減目標の達成に向けたロードマップの作成などを進めている。

2日の一般公開セッションでは、(1)GHG削減対策の国際動向(2)川崎重工業、三菱造船、日立造船、大島造船所によるゼロエミッション実現に向けた技術の可能性(3)今後のゼロエミッション実現に向けて取るべき方向性――について話し合う。