[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ネットスーパー支援事業でタッグ

ソフトバンクとCBクラウドが業務提携

2019年9月10日 (火)

M&Aソフトバンクは10日、軽貨物と荷主をつなぐマッチングプラットフォーム「PickGo」(ピックゴー)を運営するCBcloud(CBクラウド、東京都千代田区)と提携した、と発表した。

▲実証実験の様子

CBクラウドは、ソフトバンクがことし6月からイオン九州と開始した実証実験に協業パートナーとして参画し、ピックゴーを活用してイオンショッパーズ福岡店(福岡市中央区天神)のネットスーパー事業に協力、注文品の夜間配送を手がけている。

ソフトバンクは今後、九州の事例をテコに全国のネットスーパーを支援する取り組みを強化する方針で、CBクラウドが支援事業でコアソリューションとなる軽貨物マッチングの仕組みを提供し、共同で事業拡大を図る。

両社はシリーズBラウンドとしてCBクラウドが行った資金調達に対し、ソフトバンクはリードインベスターとして第三者割当増資の一部を引き受けるなど、資本面でも結び付きを強めていた。

今回の業務提携は、より長期的な市場拡大を見据えてこれまでのつながりを強化し、運送業界でITを活用した自動化・効率化の動きを促すとともに、全国の登録貨物自動車の94%(CBクラウド調べ)を占める中小運送会社で働くドライバーの労働環境改善にも取り組む。

ソフトバンクは今後、ラストワンマイル配送を担う軽貨物、一般貨物の運送領域で「ピックゴーと連携して1万2000人以上の軽貨物ドライバーが登録するマッチングプラットフォームを提供」するほか、CBクラウドの宅配効率化ソリューション「LAMS」(ラムズ)を活用し、効率的なルート配送や荷積みノウハウ、受領サインの電子化などの提供を行う。

また一般貨物運送領域では、基幹配送を担う中小運送事業者の開拓で連携するほか、これらの事業者に対してCBクラウドの業務支援システム、通信サービス・スマートフォンを提供する。