[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

SGHD、宅配個数・単価アップで3Q増収増益

2020年1月31日 (金)

ロジスティクスSGホールディングスが1月31日に発表した2020年3月期第3四半期連結決算は、売上高が3.3%増の8955億円、本業の儲けを示す営業利益は3.2%増の639億円、最終的な儲けを示す純利益は379億円(0.7%増)となった。

主力のデリバリー事業は消費税率引上げの影響を受けながらも年度初めからの累計取扱個数は1%増加し10億個に到達、平均単価も上昇した。部門売上高は7279億円(6.4%増)、部門利益は499億9800万円(3.1%増)と好調に推移した。

通期は売上高1兆1850億円(前期比6%増)、営業利益750億円(6.6%増)、最終利益470億円(8.1%増)を見込む。

■決算集計(見出し:年/決算期/四半期、[]:前年同期比、単位:百万円)
 20/3/3Q20/3/中間20/3/1Q19/3/通期
売上高895,570 [5.5%]587,709 [8.3%]291,060 [6.6%]1,118,094 [7%]
営業利益63,984 [3.2%]37,196 [13.8%]18,772 [-1.9%]70,359 [12.2%]
最終利益37,996 [0.7%]21,945 [14.8%]10,113 [-10.3%]43,465 [20.7%]
売上高営業利益率7.1%6.3%6.4%6.3%