[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

作業服販売店でアマゾンの受取りロッカー稼働

2020年7月20日 (月)

ECたまゆら(大阪府枚方市)は20日、「Amazon Hub(アマゾンハブ)ロッカー」を同社が運営する作業服販売店「しごとぎや・たまゆら高槻店」に設置し、稼働させたと発表した。

アマゾンハブロッカーは、アマゾンから発送される商品を希望の場所で、好きな時間に受け取れることができるサービス。受け取り方法は、店舗のカウンターとロッカーの2種類があり、東京の13区と横浜市、川崎市などの主要都市で利用可能。ロッカーは小田急電鉄の構内やファミリーマート、ガソリンスタンドの宇佐美などに設置されている。

同社は、ユニフォームや作業服を販売する店舗の顧客のみならず、隣接するコンビニの顧客も気軽に利用ができると見込んでおり、8月中旬までに10店舗に設置予定で段階的にサービスの拡充を目指す。