[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

スカニア、米メーカー優勢のメキシコで5台納車

2020年9月25日 (金)

国際スウェーデンのトラックメーカー、スカニアは現地時間の23日、メキシコの物流会社ヴェンスコトランスポーターズに4台のトレーラーヘッド「R450」とトレーニング用に1台の「450S」を納車したと発表した。

今回納車された5台のうち、450Sは運転経験の少ない新人ドライバーの教育用として使用されることが決まっている。ヴェンスコ社のダニエルベラスコ氏によれば、R450を運転したドライバーからは「トラックがより快適になっている」という報告を受けているといい、快適性や操作性に優れた車両はドライバーの定着にもつながるという。

ヴェンスコ社は、メキシコの大手製薬会社などに輸送サービスを提供している会社で、40台の車両を保有。メキシコでは、日本で多く見かけるキャブオーバー車ではなく、米国メーカーのボンネット車が広く流通していることから、スカニアは、メキシコの物流会社に同社のボンネット車が選ばれたことをアピールする狙いがあるものとみられる。

(出所:スカニア)