[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

新潟運輸、長岡支店の新築移転先用地を確保

2020年11月4日 (水)

国内新潟運輸(新潟市中央区)は、新潟県長岡市の長岡北スマート流通産業団地に2万4128平方メートルの土地を確保し、老朽化が進んでいた長岡支店を新築移転する。現地は北陸自動車道長岡北スマートICに近い。

同社は長岡北スマート流通産業団地の第1期エリア進出企業として、アサヒロジスティクス(さいたま市大宮区)など6社とともに土地売買契約を締結。併せて、立地企業の連携を深めることを目指した協議会を立ち上げた。

現在の長岡支店は築40年を超え、建物の老朽化が進み、敷地も手狭だったため、かねてから移転を計画していた。移転先は2021年に着工し、22年に営業を開始する。建物は3階建ての事務所、1500坪の荷捌き場、荷捌き場の上部を利用した倉庫1500坪、平屋倉庫600坪を計画している。