[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

プロロジス、倉庫用フォークガードを共同開発

2020年11月25日 (水)

サービス・商品プロロジスは25日、建築資材・樹脂製産業資材メーカーのフクビ化学工業(福井市)と、物流施設・倉庫用の樹脂製(プラスチック)フォークガードを共同開発したと発表した。

共同開発したのは物流施設、倉庫、工場などでフォークリフトの車体・爪から壁などを保護するためのフォークガード。既存の市場流通品が鋼鉄製であるのに対し、プロロジスとフクビ化学が開発した製品は樹脂素材となっているため、安価で軽量、加工しやすいといった特徴がある。

また、鋼鉄製フォークガードは一定の衝撃で変形、破損するが、樹脂製は衝撃を吸収して復元。着色材料塗料を製品製作時に練り込んでいるため傷が目立ちにくく、入居企業退去時の原状回復費用も削減できる。

今月竣工したプロロジスの賃貸物流施設「プロロジスアーバン東京足立1」「プロロジスパーク千葉2」で採用されたほか、開発中の「プロロジスパーク神戸5」「プロロジスパーク猪名川1・2」にも採り入れる。

■倉庫用樹脂製フォークガード強度試験の様子