[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日航とルーフィ、空陸一貫配送サービス対応地域拡大

2021年1月6日 (水)

サービス・商品車両マッチングサービスを提供するルーフィは6日、日本航空と昨年12月から提供している空陸一貫配送サービス「ハコJET」の対象空港が、従来の7空港から13空港に拡大したことを発表した。

「ハコJET」は、発送地から空港までの陸送と、日本航空の空輸、空港から荷受人までの陸送を組み合わせた当日スピード配送サービスで、時間帯指定と3温度帯貨物に対応しているのが特徴。

昨年12月時点では、新千歳・羽田・成田・伊丹・関西・福岡・那覇――の7空港がサービス内で利用できる発着地空港となっていたが、ことし1月6日から鹿児島・熊本・大分・中部――の4空港が新たに加わり、着地専用空港として長崎・宮崎の2空港が加わった。

両社はことし、東北・北陸・中四国地方に対象空港を拡大するとともに、着地専用空港が発地としても対応できるよう取り組みを進め、サービス対象地域の拡大と利便性向上を目指す。

ルーフィ、日航と提携し7空港で空陸一貫配送