[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

中部空港、コロナ減便で2020年の貨物取扱量4割減

2021年1月7日 (木)

国内名古屋税関が7日に発表した中部空港の貨物取扱量(速報)によると、2020年12月の取扱量は8429トン(前年同月比41.8%減)で、年間総取扱量は37.7%減の11万759トンだった。

中部空港では、新型コロナウイルスの影響で国際線旅客便が減少し、2020年4月以降は前年の半分程度の貨物量に留まっている。12月は41.8%減とやや持ち直しているものの、積込量は25か月連続、取卸量は10か月連続の前年比マイナスとなっている。

(出所:名古屋税関)