[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

郵船ロジ、チリの事業拡大へ合弁会社設立

2021年1月12日 (火)

M&A郵船ロジスティクスは12日、2016年から物流サービスを提供しているチリで、現地バートナー企業と合弁会社「郵船ロジスティクスチリ」を設立した、と発表した。

同社は昨年8月に開催された太平洋同盟主催のワークショップでコールドチェーン事業について紹介するなど、中南米ビジネスの活性化に取り組んでおり、今回現地に合弁会社を設立することでさらなる物流事業拡大を目指す。

チリは銅などの鉱山物のほか、農林水産物の輸出も盛んな国で、中南米地域の中では比較的安定した政治・社会情勢。近年は輸出市場の拡大を目指して近隣諸国やアジア太平洋地域との関係強化や、積極的な通商政策を進めている。