[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

uprのアシストスーツ、ビック・コジマで販売開始

2021年2月17日 (水)

(出所:ユーピーアール)

サービス・商品ユーピーアールは16日、自社開発のアシストスーツ「サポートジャケットBb+ FIT(ビービープラスフィット)」が、3月からビックカメラとコジマで販売されることを発表した。ビックカメラのインターネット通販サイトでは2月19日から先行予約販売を開始する。

同製品は、動力を使わずに腰や体の負担を軽減するアシストスーツ。作業者のもうひとつの体幹を生み出す「第二の背骨」や、腰ベルトのフィッティング、動作を補助するマッスルベルトによって、直立から前傾、しゃがむ動作まであらゆる作業姿勢をサポートする。樹脂製の「第二の背骨」を取り外して本体を洗濯できるため、清潔さを求められる現場で好評を得ているという。

サイズはSから3Lまでの5種類で、身長155センチから192センチまで対応。3月にビックカメラ有楽町店、池袋本店、ビックロ新宿東口店から販売され、順次店舗を拡大する。メーカー希望小売価格は3万2000円(税別)。

ユーピーアールは、パレットレンタル事業を通じて多くの人が腰痛に悩む現場を目の当たりにし、2010年からアシストスーツの開発に着手。2000社以上の現場を訪れ、6年の開発・試用期間を経て製品化した。2016年の発売からこれまでに1万5000着を売り上げ、物流以外の製造、農業、介護などの現場でも使用されている。