[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

トラボックス新社長に片岡氏、荷物情報7割減を謝罪

2021年2月22日 (月)

国内掲示板タイプの求荷求車サービスを提供するトラボックス(東京都渋谷区)はこのほど、2月1日付で新たな代表取締役社長に片岡慎也氏が就任したと発表した。前社長の吉岡泰一郎氏は代表取締役会長に就任した。

片岡氏は2006年に米国オハイオ州立大学のマーケティング&ロジスティクス科を卒業。大和ハウス工業傘下のフレームワークス(東京都港区)でロジスティクスコンサルタントとしてキャリアをスタートしたのち、アスクル、グリー、メルカリ、その子会社のメルペイなどを経て、ことし1月にトラボックスに入社した。

就任発表に際して片岡氏は、コロナ禍により荷物情報数が減少して前年比70%減となった月があったこと、また、セキュリティ強化などのために荷主開拓サービスの「新規案件でGO!」を終了したことなどについて謝罪。一方で、今後については「物流や運送の仕組みを未来へ加速させるため、求荷求車サービスの進化だけでなく、会員様にとって有益なサービスを提供していきたい」とコメントしている。