[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

三井物産、米ポール・スチュアート社を買収

2013年1月8日 (火)

アパレル三井物産は8日、「PaulStuart」のブランド名で高級衣料雑貨小売業を運営する米国ポール・スチュアート社の全株式を取得することで創業家一族と合意し、昨年12月28日に全株式を取得したと発表した。

ポール・スチュアート社は1938年、ニューヨークの中心に位置するマディソン街45番地に、当時アメリカントラッドが主流だった米国市場に、初めてヨーロッパのファッションセンスを取り入れた先進的な紳士衣料品専門店として誕生した。

三井物産は1975年からポール・スチュアート社製品の輸入事業を開始し、91年にはPaulStuartブランドの日本市場向け独占生産・販売権を取得するライセンス契約を締結。

三陽商会を中核サブライセンシーとして同事業の拡大を進め、現在では14社のサブライセンシーを通じて幅広い商品群を展開。日本での同ブランドの市場規模は小売売上高で115億円(2012年3月期)に達し、三陽商会を通じて青山・銀座の直営路面店2店舗に加え、百貨店インショップ100店舗、アウトレット、E-コマースでの販売を行っている。

ポール・スチュアート社の買収を通じ、三井物産はPaulStuartブランドのグローバルな商標権を確保し、本格的なグローバルブランド事業に進出する。また、日本市場では将来にわたるライセンス事業の継続性を確保する。

ライセンス事業拡大を通じ、日本市場でPaulStuartブランド事業を2015年までに200億円規模に拡大する方針。