[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

H2Oリテイリング、首都圏で「デパ地下グルメ」を個別宅配

2010年11月4日 (木)

ロジスティクスエイチ・ツー・オー・リテイリングは4日、子会社で個別宅配事業を展開する阪急キッチンエールが2011年秋をめどに、東京を中心とする首都圏で個別宅配をスタートさせると発表した。東京都、千葉県、神奈川県で物流センターを核にきめ細かい宅配サービスを提供し、開始後5年間で200億円の売上を目指す。

 

関西では2002年10月から開始しており、年間売上高は約67億円。品揃えは、常時3000点以上、日常品から百貨店を母体とする特性を活かしたデパ地下グルメやスイーツまで豊富に取り揃えている。

 

また、受注・配送では、前日の深夜12時までの注文で、当日の夕方5時頃までに届ける仕組みを確立することで、関西エリアでの個別宅配事業を軌道に乗せてきた。そこで、さらにマーケットの大きい首都圏に展開し、事業規模の拡大を目指すもの。

 

利用するには入会金1050円と月会費500円が必要で、1回の購入代金が3000円以上なら配送料はかからない。また、午後3時までの注文に対し、3時間以内に配達するオプションサービスも設ける。

 

今後、1年かけて会員募集や物流センター、配送ネットワークの構築を準備し、サービス開始後は日用品、化粧品、生鮮三品、デパ地下グルメなど幅広い商品の宅配を会員向けにインターネット、カタログの両面で提供する。

 

準備期間に1年程度要することについて、H2Oリテイリングでは「店舗を基点とするネットスーパーとは異なり、物流センターを中心とした配送網の構築が伴うサービスであることから、十分な会員募集期間と物流基盤の整備を入念に行う」と説明している。