[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

レンゴー、重包装強化へマルソルHDの全株式取得

2013年7月3日 (水)

アパレルレンゴーは3日、マルソルホールディングス(東京都千代田区)の全株式を保有者の独立系プライベート・エクイティ投資会社「ワイズパートナーズ」グループなどから7月26日付で取得すると発表した。

マルソルHDは、傘下に森下と森下化学工業を持ち、グループ全体で主にコンテナバッグ事業、産業用樹脂シート事業、樹脂製ネット事業を展開している。

現在は岡山県瀬戸内市長船町の本社工場のほか、タイ、インドネシア、中国など国内外に9拠点を展開し、重包装資材の製造、販売を行っている。

レンゴーは、2009年5月に日本マタイの子会社化を機に重包装事業に参入しており、同事業の強化を図るため、株式取得を決めた。