ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

山口県の出店密度高める

丸久、中央フードの株式取得、子会社化

2014年7月4日 (金)

荷主山口県を中心にスーパーマーケットを展開する丸久は4日、中央フード、中央商事の株式を取得して子会社化する、と発表した。取得額は交渉中。

中央フードは、山口県東部を中心に10店舗のスーパーマーケットを展開しており、県全域で市場密度を高める方針の丸久と経営資源を共有化することで、グループの店舗網を強化・拡大できると判断した。

株式は中央フードの株式30.1%を保有する中央商事の全株式を取得するほか、株主67人から発行済株式の54%を取得するなどして持分を64.2%とする。

この記事のその他のテーマ