ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

タニタ食堂、2月から1都3県で宅配食の提供開始

2016年1月26日 (火)

フードタニタは26日、タニタ食堂事業で2月から宅配食サービスを開始すると発表した。

宅配食サービスでは給食事業を展開するレパスト(東京都中央区)と提携し、プレナスとのコラボレーションで生まれた持ち帰り弁当「タニタ監修弁当」を皮切りに、2月1日から東京、神奈川、千葉の1都3県で展開する。

配達日の夕食と翌日の朝食を1セットとし、月曜から金曜日まで5日分を日替わりで毎日配達する。価格は5セットで1万1000円(配送料込・税別)。宅配食はチルドパックで配達し、電子レンジで温めるだけで食べられるようにする。

メニューはタニタの社員食堂を担当する管理栄養士、荻野菜々子さんが監修を受け持ち、カロリーや塩分を抑えながら、噛みごたえのある調理法で満足感を高める。

この記事のその他のテーマ