ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

MonotaRO、笠間市で自社物流施設に着工

2016年4月15日 (金)

拠点・施設MonotaRO、笠間市で自社物流施設に着工工業用間接資材の通信販売を手がけるMonotaRO(モノタロウ)は15日、茨城県笠間市で自社専用物流施設「笠間ディストリビューションセンター」の建設に着工した。

新センターは同社の出荷能力と在庫能力を増強するために開設を計画した新たな物流拠点で、2017年3月から本稼働に入る。完成後は業界最大規模となる50万点の在庫保有を目指すことで、利用者への配送体制を強化する。

9万400平方メートル(2万7300坪)の敷地に平屋構造の建屋(延床面積5万6192平方メートル、1万7000坪)を建設。17年1月の竣工を目指す。

施設にはデジタルピッキングシステム、無人棚搬送システムを導入し、同時入出荷キャパシティは10トントラック40台以上、入出荷キャパシティは入荷が1日2万行、出荷は1日4万件となる。開設初期段階から200人以上の新規雇用を計画している。

■笠間ディストリビューションセンターの概要
名称:笠間ディストリビューションセンター
所在地:茨城県笠間市平町字原1877番3
敷地面積:9万400平方メートル(2万7300坪)
計画延床面積:5万6192平方メートル(1万7000坪)
構造:鉄筋構造平屋建て
着工:2016年4月
竣工:2017年1月
在庫可能商品点数:最大50万アイテム

この記事のその他のテーマ