ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ラサール、堺に丸和運輸機関向け新拠点竣工

2016年10月5日 (水)
ラサール、堺に丸和運輸機関向け新拠点竣工
空白

拠点・施設ラサール不動産投資顧問は5日、丸和運輸機関向け物流施設「AZ-COM MK OSAKA」の竣工式を行ったと発表した。

丸和運輸機関は新施設を西日本地区の新物流拠点に位置づけ、荷主であるマツモトキヨシホールディングスの西日本の物流を展開する計画で、オムニチャネルに対応する最新規格を備えているという。

現地は梅田まで15キロと近く、阪神高速大和川線が2020年3月に開通すると、関西圏の東西南北の物流動線が形成されることから、利便性がさらに向上する。南海本線七道駅から徒歩10分と従業員の通勤にも便利な立地。半径5キロ圏内の近隣住民人口は64万人にのぼり、雇用を確保しやすいメリットがある。

ラサール、堺に丸和運輸機関向け新拠点竣工

周辺一帯は工場や物流施設が立地する工業地域で、365日24時間稼働が可能。

ラサール不動産投資顧問の中嶋康雄社長兼CEOは、新施設について「丸和運輸機関やエンドユーザーのマツモトキヨシホールディングスとともに、今後の物流変革をリードすべき施設として開発を進めてきた。巨大消費地へのアクセスと労働力確保という立地の優位性を活かし、物流効率化を図ることができる」と説明した。

■新施設の概要
施設名:AZ-COM MK OSAKA(アズコムエムケーオオサカ)
所在地:堺市堺区南島町5丁162番
敷地面積:1万5372.85平方メートル(4650.2坪)
建築面積:8091.64平方メートル(2447.7坪)
延床面積:3万825.61平方メートル(9324.7坪)
構造:鉄骨造(柱・梁)、鉄筋コンクリート造(床)、地上4階建てBTS型物流施設
着工:2015年10月6日
竣工:2016年10月1日
監理監修:日立建設設計
設計施工:奥村組
施主:堺プロパティー特定目的会社

この記事のその他のテーマ