ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

九大・ドコモなど、自動運転バスの実証実験開始

2016年12月13日 (火)

EC九州大学、NTTドコモ、DeNA、福岡市の4者は12日、スマートモビリティ推進コンソーシアムが2018年度下期に九大伊都キャンパス内で目指す自動運転バスのサービスインに向け、17年1月から実証実験を開始すると発表した。

伊都キャンパスの多様な交通環境の中で、段階的に実際の公道に近い環境に近づけながら自動走行実証を繰り返し行い、自動運転バスの社会受容性の向上と安全性の検証を行う。

また、交通サービスのさらなる安全性・利便性の向上につながる周辺技術として、ドコモとDeNAの開発ワーキングで実現を目指す三つの機能、「路車間協調」「音声エージェント」「運行管制」のうち、まずは路車間協調での歩行者の安心安全を確保する新たな概念「P2X」(ペデストリアン・トゥ・エブリシング)と、運行管制でのルートの最適化を目指す「オンデマンドバスの管制システム」の開発、検証を開始する。

12日には同キャンパスで学生・教職員が自動運転バスに試乗する先行デモンストレーションを実施した。

この記事のその他のテーマ