ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

横浜港、16年の取扱貨物量4.9%減少

2017年3月16日 (木)

調査・データ横浜市港湾局は16日、2016年の横浜港の港勢(速報)を公表した。入港船舶隻数は3万5687隻(前年比0.8%減)だった。

このうち外航船は9849隻(0.2%減)、フルコンテナ船(外航)は4636隻(1.1%増)、内航船は2万5838隻(1.1%減)となった。

取扱貨物量は1億912万トンで4.9%減少した。コンテナ数は278万TEU(0.2%減)だった。外貿コンテナが255万TEU(0.3%増)で2年ぶりに増加したものの、内貿コンテナは26万TEU(5.2%減)と減少した。

この記事のその他のテーマ