兼房、メキシコに工業用機械刃物の販売拠点

2013年11月18日 (月)

国際刃物メーカーの兼房は15日、海外の販売拡大を目指し、メキシコのグアナファト州シラオ市に子会社を設立すると発表した。

メキシコ市場で自動車、鉄鋼、建材関連などの工業用機械刃物の需要増大が見込めるとして、これらの需要に即応し、海外販売の拡大を目指す。

子会社は2014年1月に設立し、工業用刃物、ツーリング、機械、機械部品の仕入・販売などを展開する。

この記事のその他のテーマ