ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

リンテック、物流子会社含め事業継続の国際規格を取得

2014年4月4日 (金)

環境・CSR粘着用素材の製造などを手掛けるリンテックはこのほど、全社・全事業を対象として事業継続マネジメントシステムの国際規格「ISO22301」の認証を取得した。

同社はこれまで、地震などさまざまな災害が発生した際、製品の供給を継続し早期に事業を再開できるよう、事業継続計画の策定に取り組んできたが、2013年4月からBCPをより効果的・実践的に運用するための管理体制としてBCMSを全社レベルで構築するため検討を開始。

災害発生時の対応手順の妥当性を高め、演習や内部監査など、BCPを継続的に改善する仕組みの構築を進め、SGSジャパンの審査を経てISO22301:2012の認証を取得した。

対象範囲は国内全事業所に、裁断加工・物流を担うグループ会社の東京リンテック加工を加え、3月31日にSGSジャパンから審査登録証が授与された。