[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

フェリカポケットマーケティングを買収

イオン、電子マネーのグループ外向け利用を促進

2014年4月11日 (金)

荷主イオンは11日、フェリカポケットマーケティングの株式を取得したと発表した。株主のソニー、大日本印刷、ぐるなび、丹青社の4社から、イオングループで74.9%の株式を取得、連結子会社化した。

同社の電子マネー「WAON」は、非接触ICカード技術「FeliCa」を活用しており、累計発行枚数は3900万枚、年間利用金額は1兆5800億円と、国内最大規模の電子マネーに成長した。

同社は今後、グループ外でもWAONの利用を積極的に推進するため、フェリカポケットマーケティングの株式を取得。フェリカポケットマーケティングが展開するICカードサービス「FeliCaポケット」を活用し、WAONに商店街の独自ポイントやクーポンサービス、行政サービスも搭載して利用者の利便性を高める。

FeliCaポケットは、FeliCaを通じてポイントやクーポン、スタンプラリーなど、5種類の機能を最大20個まで1枚のFeliCaカードにまとめるアプリケーション。