[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

14年3月期決算

乾汽船が3期連続営業赤字、イヌイ倉庫と合併方針

2014年5月12日 (月)

財務・人事乾汽船が12日に発表した前3月期決算は、売上高が31.5%増えたものの、営業損失12億300万円(前の期は18億3000万円の損失)を計上。老齢船の売却と保有株式の売却により、最終損益は3期ぶりの黒字を確保したが、営業損益は12年3月期から3期連続の赤字となっている。

営業損失幅が6億円程度縮小したとはいえ、財務状況の改善には遠く、同社は12日、ルーツを同じくするイヌイ倉庫との合併方針を決議。イヌイ倉庫を存続会社とする吸収合併で、イヌイ倉庫による救済色が濃い再編となる。

[乾汽船]2014年3月期連結決算(単位:百万円)

 2014年3月期2013年3月期増減
売上高16,48612,53731.5%
営業利益-1,203-1,830-
経常利益-1,238-1,108-
当期純利益380-3,737-