[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマトロジ、羽田クロノゲートにJ&J向け物流拠点開設

2015年1月15日 (木)

メディカルヤマトホールディングスは15日、傘下のヤマトロジスティクス(東京都中央区)がジョンソン・エンド・ジョンソンのビジョンケアカンパニー向け物流拠点「羽田ディストリビューションセンター」を開設し、19日から運用を開始すると発表した。

同センターは羽田クロノゲート(東京都大田区)内に設置、面積1万909平方メートルを使用してジョンソン・エンド・ジョンソンのコンタクトレンズ4000品目を扱う。ヤマトロジスティクスは羽田クロノゲートとヤマト運輸の宅急便ネットワークを活用し、物流加工から販売店、個人宅への配達まで一括して担う。

ヤマトロジスティクスでは、医療機器のローナー支援(保管・洗浄・配送)など、特にメディカル事業者の物流改革を支援するサービスに羽田クロノゲートを活用している。

同社は今後、企業の調達物流・納品物流で複数のサプライヤーからの複数納品を物流過程でまとめるサービスの提供や、ヤマトグループが構築する関東・中部・関西圏の大都市間当日配達を活用した営業活動を展開する。

■「羽田ディストリビューションセンター」の概要
名称:ジョンソン・エンド・ジョンソンビジョンケアカンパニー「羽田ディストリビューションセンター」
所在地:東京都大田区羽田旭町11-1ヤマトグループ羽田クロノゲート内
総面積:3300坪
対象商品:アキュビュー全製品4000品目
稼働開始:2015年1月19日