[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東灘区の現工場から移転

東洋水産、神戸市西区に新工場・倉庫を建設

2015年3月23日 (月)

フード東洋水産は23日、神戸市西区の「神戸テクノ・ロジスティックパーク」に新工場と倉庫を建設すると発表した。同日、神戸市と用地取得契約を締結した。

新工場は7月に着工し、2016年8月からの稼働を目指す。新工場の稼働に伴い、現在の神戸工場(東灘区)での即席麺生産を終了する。

新工場は品質管理を重視した最新設備を導入する計画で、西日本の基幹工場として「マルちゃん」ブランド製品を供給する。

■新工場の概要
所在地兵庫県神戸市西区見津が丘
工場名:関西事業部関西新工場(仮称)
着工:2015年7月
竣工・生産開始:2016年8月
敷地面積:6万2500平方メートル
総投資金額:197億円(土地、建物、設備、倉庫ほか)、土地のみの投資額は33億円
生産品目:即席麺などマルちゃんブランド製品
製品供給地区:西日本全域