[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

OKIデータ、SIIの大判プリンター事業を取得

2015年7月16日 (木)

荷主OKIデータ(東京都港区)は16日、セイコーインスツル(SII)の大判プリンター事業を取得し、プロフェッショナル市場向けプリンター事業を強化すると発表した。

SII傘下のセイコーアイ・インフォテックがグローバルに展開している大判プリンター事業をOKIデータが取得する契約を8日付で締結した。10月1日に取得を完了する。

OKIデータでは、プロフェッショナル市場は重要なターゲットの1つとしており、この市場で大判プリンター事業は流通・小売業界を中心とした印字需要で年6%の成長率を見込んでいるほか、オンデマンド印刷の需要拡大がさらに加速するとみている。