[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

NEC、M2Mサービスをクラウド基盤で提供

2011年8月29日 (月)

サービス・商品日本電気(NEC)は29日、さまざまなセンサーや端末などをネットワーク化する「M2M技術」を利用したサービスを実現するソリューションとして「コネクシブ」の提供を開始すると発表した。第一弾として、M2Mサービス用のシステム基盤をクラウドで提供する「コネクシブクラウドサービス基盤提供サービス」を、9月1日から提供する。

 

コネクシブは、M2M技術を用いてセンサーや自動販売機、情報端末、自動車などのさまざまな機器をネットワークに接続し、それぞれの機器が持つ情報を集約して活用できるようにするもの。

 

これにより、通信事業者や企業は、機器の遠隔メンテナンスや制御の高度化、車両の運行管理効率化などを実現する新たなサービスを創出することが可能となる。

 

コネクシブでは、M2Mサービスを実現するためのアプリケーションやシステム基盤などを、クラウドサービス、パッケージ製品として提供する。さらに、センサーや端末などのM2Mサービス向けの機器や、M2Mサービスの企画を支援するコンサルティングサービスも提供する。

 

9月から提供する「基盤提供サービス」は、M2Mサービスを支えるシステム基盤に求められる、接続機器の認証・制御機能、機器からのデータ収集・蓄積機能などをクラウドサービスとして提供する。サービスを利用することで、企業はM2Mサービス用のシステム基盤を個別に開発する必要がなくなり、システム開発期間を約3割、導入コストを約2割削減することが可能となる、としている。

 

■詳細は下記URLを参照。
http://www.nec.co.jp/solution/m2m/