[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

石巻フーズ、石巻市に震災後初の食品工場竣工

2015年11月27日 (金)

フード石巻フーズ、石巻市に震災後初の食品工場竣工セリュックスホールディングスは26日、傘下の石巻フーズ(宮城県石巻市)が石巻市で東日本大震災後初の食品工場を12月7日に竣工させると発表した。

新設の石巻フーズ本社工場では、水産物1次加工品の2次加工を行い、製品、半製品として三陸沖の海産物をレストラン向けに出荷する。

主にフィレ加工、干物、漬け魚、揚げもの、鮮魚加工などのニーズに対応し、グループ会社の飲食店のノウハウを生かした商品開発を行うことで、三陸の水産資源を生かした石巻ブランドの浸透を図る。

同工場は「新鮮をストック」するCAS冷凍を導入したのが特徴で、これまで都市部で食べることができない素材を届け、価格が安い時期に鮮度の高い商品を仕入れるなどして、三陸の水産物をアピールする。