[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

マルハニチロ、宮城県石巻市に新生産拠点

2017年4月7日 (金)
マルハニチロ、宮城県石巻市に新生産拠点
空白

拠点・施設マルハニチロは7日、宮城県石巻市に建設を進めていた「新石巻工場」が完成し、4月から稼働を開始したと発表した。調理冷凍食品などを年間6600トン生産する。

「旧・石巻工場」は、2011年の東日本大震災以来、大幅に規模を縮小して操業を継続してきたが、国の復興計画によるスーパー堤防計画地にあり、事業継続が困難となったことから、同じ石巻市内に、同社グループ冷凍食品事業の基幹工場となる最新鋭の新たな工場を設立した。

この新工場の稼働により、同社グループが成長分野と位置付ける冷凍食品事業の生産・供給体制を強化することで、グループ全体での最適生産体制を目指して生産効率向上を図り、事業のさらなる拡大を図る。

■新石巻工場概要
名称:マルハニチロ新石巻工場
所在地:宮城県石巻市須江字畳石前1-6
敷地面積:5万7平方メートル(1万5153坪)
建物面積:9173平方メートル(2775坪)
延床面積:1万785平方メートル(3268坪)
構造・規模:鉄骨・地上2階(一部)
着工:2016年4月
稼働開始:2017年4月1日
生産品目:調理冷凍食品
年間生産能力:最大6600トン
従業員数:230人