[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

IROYA、アパレル小売向け物流基盤刷新し利用しやすく

2017年4月24日 (月)
空白

ロジスティクスEC&セレクトショップ「IROZA」などを展開するIROYA(いろや、東京都渋谷区)は24日、「アパレル小売に特化した販売物流オールインワンプラットフォーム」の提供方法について、iOS端末向けアプリマーケット「App Store」から入手できるよう見直したと発表した。

従来は利用登録後にダウンロードする仕様だったが、今月10日からApp Store上で公開を開始した。

これに合わせて実施したリニューアルでは、百貨店など商業施設の申請フォーマットに対応した種類別決済やセールや値引き対応を対象選定できるグループ別割引機能を追加し、UI(ユーザーインターフェイス)を変更することで「より直感的な操作」が可能となった。

同社は販売物流オールインワンプラットフォームを「Monopos」(モノポス)のサービス名で提供しており、配送から在庫管理、受発注管理、ECサイト、実店舗運営(POSシステム)、集客まで、アパレル小売に関するすべてのサプライチェーンをクラウドで実行できる基盤で、これまで別々の事業者が行っていたサプライチェーンの全工程をワンストップでつなぐ。

また、経済産業省のIT導入補助金制度に基づく「IT導入支援事業者」の認定を受けたため、利用者はこの制度を利用することで導入費用の3分の2(上限額時100万円、下限額20万円)の補助を受けられる。