[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

味の素AGF、海上モーダルシフトでエコシップマーク認定

2017年7月7日 (金)

▲国土交通省の羽尾海事局長から表彰される、味の素AGFの松林執行役員・左

環境・CSR味の素AGFは7日、エコシップ・モーダルシフト事業実行委員会から、海上貨物輸送を活用した物流の環境負荷低減への取り組みが評価され、「エコシップマーク」使用の認定を受けたと発表した。

エコシップマークは、環境に配慮した海上貨物輸送に取り組んでいる荷主企業や物流事業者が輸送される製品やそのパッケージ、カタログにつけられるマーク。

AGFでは、生産拠点から九州・北海道方面への幹線輸送で海上輸送を一定以上利用し、モーダルシフト推進と環境負荷低減へ積極的に取り組んでいることから今回、これらを評価されて認定を受けた。

なお、2016年度認定事業者のなかで特に功績のあった優良事業者に与えられる「国土交通省海事局長表彰」も受賞している。