[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ムラタ、物流カートなど金属対応のRFIDタグ商品化

2017年9月11日 (月)

サービス・商品村田製作所は11日、物流カートやコンテナなど金属面に取り付けることができるなRFIDタグ「LXFLANMXMG-003」を商品化し、年内に量産を開始すると発表した。

これまで金属面へのRFIDタグの取り付けは、RFIDリーダーから放射される電波が金属面で反射することによって、通信が遮断される課題があった。

そこで、同社は金属対応RFIDタグの特許技術を活用し、金属面をアンテナの一部として利用できる製品を商品化。これにより、例えば目視での識別や保管場所の特定が難しいコンテナや工具などの金属物の在庫管理が容易に行えるようになる。

なお、この製品は13日から15日に東京ビッグサイトで開催される「第19回自動認識総合展」に出展する。