[1月26日]Report.6「鴻池運輸が抗菌・抗ウイルス施工サービス開始」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ロジクラ、ShopifyとAPI連携し出荷作業効率化

2018年3月26日 (月)
空白

サービス・商品ニューレボ(東京都渋谷区)は26日、同社が提供するクラウド在庫管理のSaaS「ロジクラ」が大手EコマースプラットフォームShopify(ショピファイ、カナダ)とのAPI連携に対応したと発表した。これにより、Shopifyでの受注データをロジクラにAPIで取り込み、iPhoneで商品のピッキング、検品の作業など物流の効率化が可能になる。

Shopifyで商品を販売するEC事業者は、Shopifyでの受注リストをロジクラとAPI接続し、iPhoneを使って物流ピッキング作業、バーコードを読み取る検品作業、宅配会社の送り状の発行までをクラウドで管理することができる。

具体的には、Shopifyで注文を受けると、受注リストがロジクラにAPIでインポートされ、物流担当者はiPhoneを持って現場に行き、画面に表示される写真通りの商品をピッキング、iPhoneのカメラを使ってバーコードを読み取り、検品作業を行う。ロジクラで宅配会社の送り状を発行し、物流作業が完了する。宅配会社の問い合わせ番号はクラウド上で顧客情報とリンクする。

API連携により、「自社で出荷作業を行うEC事業者の作業時間を70%ほど削減できる」(ニューレボ)という。

ロジクラは入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの全ての物流オペレーションを一括管理することができるもので、小売店舗、倉庫業にも対応し、マルチチャネルでの物流作業をサポートするクラウド在庫管理のSaaS。