[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

クラウド在庫管理のロジクラ、STORES.jpと連携

2018年1月22日 (月)
空白

ECニューレボ(東京都渋谷区)は22日、同社が提供するクラウド在庫管理システム「ロジクラ」が用意にオンラインストアを開設することができるサービス「STORES.jp」との連携を開始すると発表した。

ロジクラは入荷から在庫管理、受注オーダーの自動取り込みから出荷までの物流オペレーションを一括管理するクラウド在庫管理ソフトで、小売店舗、倉庫業に対応し、マルチチャネルでの物流作業を手助けする。

STORES.jpの受注データに対応することで、受注情報をロジクラに読み込ませ、iPhoneで商品のピッキング、検品作業を行うことができるようになる。受注情報から「未発送」のものを自動で検出し、出荷情報としてロジクラにインポートする。読み込んだ出荷情報を利用し、iPhoneアプリでバーコードを読み取り、検品から送り状の発行作業までを行う。

今回のデータ連携により、物流作業の70%を占めるといわれる出荷作業の運用を効率化し、STORES.jpでの物流作業がスマートフォン上で完結することとなる。

今後は通販事業者がロジクラを利用することで、複数のカートシステムやオンラインショップの一元管理できるようにする。従来のカートシステムを複数管理できる利便性に加え、新ストア開店の手助けになるサービスを目指す。向こう1年で国内の大半のカートシステム、オンラインストアとデータ連携し、2年後からは越境ECへ対応していく。