[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カトーレック、岡山に4温度帯の物効法認定拠点

2018年4月11日 (水)

拠点・施設カトーレック(香川県高松市)は11日、岡山県早島に4温度帯物流センターを建設すると発表した。3月には物流総合効率化法(物効法)に基づく特定流通業務施設の事業認定を受けており、2019年8月の本稼働を目指す。

新センターでは冷凍・冷蔵品のセンター仕分けから共同配送、商品管理・流通加工まで幅広いサービスを提供し、高度化する食品サプライチェーン需要に対応する。

冷凍・冷蔵・常温・定温の4温度帯すべてに対応する点が特徴で、商品の保管入出庫・在庫管理検品・値付け・ピッキングといった機能のほか、品質管理を徹底し自社の輸配送網を活用した温度帯ごとの共同配送を提供する。

このサービスを利用することで、小売店側では一括して商品を受け入れることが可能になるため、同社は「業務の負担軽減を図ることができる」と利用のメリットを説明している。

建設地は山陽自動車道と瀬戸中央自動車道の早島ICから1キロに位置し、京阪神・四国・山陰の各エリアから2時間で接続。国際貨物に対応する水島港国際コンテナターミナル、岡山空港にも近く、同社は東北・中部に続く新たな4温度帯物流センターを中四国で建設することにより、付加価値型のサプライチェーン構築を強化する。

■カトーレック岡山物流センターの概要
所在地:岡山県都窪郡早島町大字早島字下野
構造:鉄骨造・2階建(2階への大型車両の直接進入可能)
敷地面積:1万5693平方メートル(4747坪)
延床面積:1万5671平方メートル(4741坪)
用途:冷凍/冷蔵/定温/常温
事務所:679平方メートル(205坪)
冷凍倉庫:2030平方メートル(614坪)
冷蔵倉庫:2145平方メートル(649坪)
定温(15-20度)倉庫:2563平方メートル(775坪)
常温倉庫:5357平方メートル(1620坪)
トラックバース:31バース(内可動式ドックシェルター31バース)
ドックレベラー:2基
エレベーター:2基
低温自動ラック(1362底面)
このほかの設備:デジタルアソートシステム(DAS)、異常監視センサー、温度センサー(データ蓄積型)
着工:2018年10月
竣工:2019年7月
稼働:2019年8月