[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

カトーレック、低温食品拡充へ岡山に4温度帯倉庫

2019年9月5日 (木)

ロジスティクスカトーレックは5日、岡山県早島町に冷凍・冷蔵・常温・定温の4温度帯に対応する総合物流拠点「カトーレック岡山支店早島物流センター」を8月29日に竣工し、一部業務を開始したと発表した。

同センターは山陽自動車道・瀬戸中央自動車道の早島インターチェンジから1キロに位置し、京阪神・四国・山陰からも2時間と東西幹線のクロスドックに最適な立地で、通過型センター(TC)と保管型センター(DC)の機能を兼備。これに同社の輸配送ネットワークを活用することで、徹底した品質管理のもと、商品に最適な温度帯で共同配送を実現する。

また、水島港国際コンテナターミナルと岡山空港に近く、国際貨物にも対応できるほか、同センターが位置する早島町は人口増加が続いている地域で、安定した労働力の確保も期待できるという。

施設の概要
名称:カトーレック岡山支店早島物流センター
所在地:岡山県都窪郡早島町大字早島字2664-1
アクセス: 瀬戸中央自動車道早島ICから1キロ
構造:鉄骨造2階建(2階フロアへの車輛専用スロープで直接進入可)
敷地面積:1万5693平方メートル(4747坪)
延床面積:1万5671平方メートル(4741坪)
用途:冷凍・冷蔵・定温・常温
事務所・休憩室 : 770平方メートル(233坪)※庫内3か所
倉庫部:1万1842平方メートル(3582坪)
低温エリア:冷凍2360平方メートル(714坪)冷蔵1727平方メートル(522坪)
定温エリア:3399平方メートル(1028坪)※15~20度
常温エリア:4389平方メートル(1327坪)
ドッグシェルター:30基(低温12基+定温18基)
エレベーター:1基
低温自動ラック:1998底面
DAS:1800座席 ※デジタルアソートシステム
洗浄機:1基 ※空トレーの洗浄
監視設備:各異常監視センサー、温度センサー(データ蓄積型)