[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

運賃が180円以上安くなる「ゆうパックスマホ割」開始

2018年9月25日 (火)

話題日本郵便は25日、専用のスマートフォンアプリ経由でクレジットカード決済する場合に「ゆうパック」の基本運賃から180円割り引く「ゆうパックスマホ割」の提供を開始した。

ゆうパックスマホ割は、スマートフォンに専用の無料アプリをダウンロードし、アプリ上でクレジットカード決済することで割安に発送できるようにする新サービスで、基本運賃から180円を割り引くほか、発送時に郵便局を受け取り場所に指定することでさらに100円引きとなる。

また、直近1年間に10個以上利用することで、割引後の運賃から10%引きとなる継続利用割引も適用できる。

▲サービス概要イメージ(以下画像の出所:日本郵便)

利用時は、アプリで表示される二次元コードを専用端末「ゆうプリタッチ」にスキャンすることで宛名ラベルを作成できる。すでにクレジットカードで決済が終了しているため、郵便局窓口で発送する際の支払いも不要となる。

受取人の住所を知らないケースでも、受取人があらかじめ指定する郵便局やコンビニエンスストアを宛先にする「匿名配送」にも対応する。

対象は3辺の合計が170センチ以内、最大重量25キロ以内の荷物で、簡易郵便局と郵便窓口や「ゆうゆう窓口」のない一部の郵便局を除く郵便局から発送可能。ゆうプリタッチは25日時点で5700の郵便局に設置されているが、未設置局でも窓口で印刷して利用できる場合がある。

▲アプリ画面イメージ