[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

シッピーノ、Shopify出荷業務を自動化する新アプリ

2018年10月18日 (木)

ECECの多店舗自動出荷サービス「シッピーノ」を運営するシッピーノ(神奈川県茅ケ崎市)は18日、ECプラットフォーム「Shopify」(ショッピファイ)の日本法人Shopify Japan(ショッピファイジャパン、東京都千代田区)とAPI連携を行い、受注から出荷までを完全に自動化するプライベートアプリ「シッピーノ」の提供を開始した、と発表した。

シッピーノが提供するアプリをショッピファイのアプリストアから導入するだけで、ショッピファイユーザーはストアの新規立ち上げ時でもすでに運営しているストアでも、容易に利用を開始することができる。これにより、受注管理から出荷依頼まで手をかける必要がなくなるため、新商品の開発や店舗運営などの業務に注力することが可能になる。

具体的には、受注の取り込みから出荷依頼、在庫同期まで自動処理し、EC事業者の手間を削減する。ショッピファイを含めた複数EC店舗の受注・出荷の一元管理が可能になるほか、FBAマルチチャネルサービスなどシッピーノが対応している物流サービスへの出荷依頼を自動化できるようになる。アプリはショッピファイの日本語アプリストアから登録可能。