ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

日通総研とゼンリンDCが新サービス

IoTで倉庫内フォークの稼働可視化し必要台数算出

2018年11月29日 (木)

EC日通総合研究所とゼンリンデータコムは29日、倉庫・工場内のフォークリフトの稼働状況を可視化し、フォークリフトの台数を算出するサービス「ろじたんフォーク」を開発したと発表した。日通総研が持つ倉庫作業の計測サービス「ろじたん」とゼンリンデータコムの持つ「屋内動態管理ソリューション」を組み合わせたもので、12月から提供を開始する。

「ろじたんフォーク」はフォークリフトと倉庫・工場内の壁・柱・天井などにビーコン、センサーを設置し、搭乗・積載・位置データを計測・収集する。

これまでは「(フォークリフトが)貨物を運んでいるか」「空のまま走行しているか」「止まっている時にフォークリフト作業者が乗っているのか・いないのか」を自動で判断するのは難しかったが、日通総研が開発したセンサー、システムを用い、フォークリスト作業者による入力なしで搭乗、積載情報とその位置を自動で計測・収集できるようにした。

▲サービスの流れ(出所:日通総合研究所とゼンリンデータコム)

ゼンリンデータコムの屋内測位の独自技術を組み合わせ、フォークリフト動線などの情報を取り込むことにより「これまでにない簡単で安価なフォークリフトの稼働状況の可視化」と必要台数の算出を実現。倉庫内作業計測サービス「ろじたん」で蓄積したノウハウをベースに、日通総研の物流コンサルタントが「事前準備」「設置・計測」「データ集計・分析・定型レポート作成」をワンパッケージにして提供する。

フォークリフト10台、倉庫面積1500平方メートルの場合の「標準価格」は120万円で、台数や倉庫の広さに合わせて変動する。

■詳細
https://www.logitan.jp/fork