[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

楽天がインドに技術研究所開設、物流効率化など研究

2018年12月4日 (火)

EC楽天は3日、新たなテクノロジーを創出するための研究機関「楽天技術研究所」(東京都世田谷区)の新規海外拠点として、11月30日付でインドのハイテク産業の中心地であるバンガロールに「楽天技術研究所バンガロール」を開設したと発表した。

楽天技術研究所は、すでに東京をはじめ、パリ、ボストン、シンガポール、サンマテオに研究拠点を開設している。今回新設する楽天技術研究所バンガロールは、インドで初の拠点となり、世界では6拠点目となる。ディープラーニングや、コンピュータビジョンのほか、物流倉庫業務での無人ロボット運用に関する領域を中心に、先進技術を使った革新的なサービスにつながる新しい研究を推進する。

具体的には、物流ロボティクスなどを活用した倉庫内業務の自動化による、物流効率化の研究、フィンテック領域でのディープラーニングを活用した不正検知技術の研究、主にEコマースや医療分野における画像認識の応用技術の研究――を行う。