[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

ヤマト、全国のセブン2万店でヤフオク!向け配送

2019年5月8日 (水)

ロジスティクスヤマト運輸は8日、「ヤフオク!」の発送窓口を全国のセブンイレブン2万925店舗へ拡大すると発表した。

提供するのはヤフージャパンとヤマトが2016年2月に連携して提供を開始した「ヤフネコ!パック」で、「ヤフオク!」で落札された商品を発送する際に利用できる。出品者・落札者のニーズや商品の形態に合わせ、「宅急便」「宅急便コンパクト」「ネコポス」の3種類から配送サービスを選ぶことができるほか、取引画面から荷物追跡を利用することも可能。

出品者はセブンイレブンに出品物を持参し、落札者の支払い完了後に「ヤフオク!」取引画面で発行されるバーコードをレジに提示することで、伝票の用意や宛名書きの必要なく発送手続きを行うことができる。送料は「ヤフオク!」上で決済されるため、レジでは送料を支払う必要がない。送料は全国一律で、出品者が負担する場合は「ネコポス」(A4サイズ)が195円、「宅急便コンパクト」380円、「宅急便」(60サイズ)600円で利用できる。

▲利用イメージ

ヤマトでは「国内最多の店舗数を展開するセブンイレブンでヤフネコ!パックの発送受付を開始することにより、ヤフオク!の発送窓口が大きく拡充し、出品者の利便性がさらに向上する」としている。