[1月21日]Report.5「物流拠点の感染対策で殺菌空気清浄機の導入進む」を追加公開
 
ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

楽天と西友、猿島来島者にドローンで食材配送

2019年6月17日 (月)

サービス・商品楽天と西友は17日、観光地・猿島の訪問者に神奈川県横須賀市の「西友リヴィンよこすか店」から商品を届けるドローン配送サービスを7月4日から3か月間提供する、と発表した。配送料は500円。

猿島は年間20万人が訪問する東京湾唯一の無人島で、特に夏場にはバーベキューや海水浴、釣りなどを楽しむ観光客が多く訪れる。

今回のサービスでは、猿島を訪問する一般利用者が、楽天のドローン配送サービス「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使い、対岸の西友リヴィンよこすか店で取り扱うバーベキュー用の生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など400品目の商品から注文。要冷商品は西友が開発した専用の保冷バッグを使用し、楽天ドローンの専用機で指定された時間に猿島内のドローン着陸ポートへ配送する。

配送ルートは主に海上を飛行することから、楽天では「より安全性を保ったうえでドローン配送を実施することができる」としている。離島の一般利用者を対象としたドローンによる商用配送サービスは国内初。

一般の顧客自身で注文した商品が、ドローンで空から配送されるという先進的なショッピング体験を提供する。今回の取り組みをはじめ、今後もより多くの方にドローン配送の利便性を感じてもらえるよう、イノベーションを加速していく。楽天の安藤公二常務執行役員
西友も以前から、ネットスーパーでのドローン配送を検討する中で、今回、楽天からお話しをもらい、ぜひともという形で参画させてもらった。西友EC事業本部の竹田珠恵執行役員シニア・バイス・プレジデント