ピックアップテーマ
 
テーマ一覧
 
スペシャルコンテンツ一覧

東北鉄道協会7社合同の「踏切事故対応訓練」

2019年9月26日 (木)

▲昨年の訓練風景(出所:東北運輸局)

ロジスティクス東北運輸局は26日、踏切事故などの鉄道事故への対応能力向上を図ることなどを目的に10月2日に訓練会を実施することを発表した。

「いわて銀河鉄道線」の好摩駅構内などを使用して「踏切事故対応」「列車抑止」などの訓練が行うもので、東北鉄道協会加盟の7社(弘南鉄道、青い森鉄道、八戸臨海鉄道、会津鉄道、岩手開発鉄道、秋田臨海鉄道、由利高原鉄道)が参加する。